ED治療に関する無料講座サイト。ED治療、薬、勃起不全の原因や症状、克服法について徹底解説。

【3】不足すると意欲を失う成分とは?

骨随は増血工場としての機能を持ち、赤血球・白血球・血小板をつくり出します。また、血球のほかに、核酸やタンパク質、脂肪の合成や細胞分裂も活発に行われています。血球をつくるために必要な物質は、タンパク質の原料になるアミノ酸と鉄分です。

 

子どものころ、親から「ほうれん草をたべなさい。そうしたらポパイみたいになれるよ。」と言われたものです。ほうれん草にはたくさんの鉄分が含まれているので、この鉄分が不足すると、ふらふらと貧血をおこしたり、よっしゃーという意欲がなくなります。

 

もっとも貧血は、カラダの弱い人や女性に多いと言われています。原因は鉄分の不足ばかりでなく、栄養のアンバランスや、消化・吸収が不十分の人に多い現象です。

 

鉄分の吸収に影響を及ぼす胃酸濃度の低下や、ビタミンC、または良質の動物性タンパク質の摂取不足、また骨随自体の機能が何らかの原因で低下すると、鉄分の再利用から鉄代謝が円滑に行われず、血液の生産が低下したときも貧血の原因になります。

 

人間が、毎日の造血に必要な鉄分の摂取は、ごくわずかのため、赤血球の寿命は100日から120日くらいですが、赤血球が死んでも、新しい血液をつくるために、赤血球は再利用される仕組みになっています。

 

元気がないとき、食欲不振のときには、鉄分を含んだ食べ物をとりましょう。
たとえば、豚のレバー、鶏のレバー、パセリ、たまごの卵黄、あゆ(焼)、しじみ、れんこん、もやしなどがあります。また、鉄分を多く含む食べ物をとったあとは、鉄分の吸収を妨げるコーヒーや紅茶などは飲みすぎないように注意しましょう。

ED(勃起不全)を自力で克服する一番カンタンな方法@無料メール通信講座

ED(勃起不全)治療克服@メール通信講座の無料請求は済んでいますか?
EDを自宅で短期間で本質的に克服する方法を学ぶことができます。

 

≫無料メール通信講座の購読は今すぐこちらをクリック

【3】不足すると意欲を失う成分とは? | ED治療・勃起不全講座関連ページ

【1】少量の食事で満足感を得る方法
こちらは「【1】少量の食事で満足感を得る方法」の記事をご紹介しています。
【2】食事の回数と睡眠時間の関係
こちらは「【2】食事の回数と睡眠時間の関係」の記事をご紹介しています。